たまご肌 スキンケア おすすめ まとめ

赤ちゃんみたいなたまご肌を作るスキンケア

皮膚科・美容皮膚科 たまご肌になるための豆知識

皮膚科と美容皮膚科の違いは?あなたはどっちに行くべきか?

投稿日:2018年11月9日 更新日:

こんにちは、美容皮膚科の看護師としていろんなお肌と向き合ってきた経験を活かし、美容アドバイザーとして活動しているエミリです*

今回は、皮膚科と美容皮膚科の違いについてご説明したいと思います。
あなたが、現在抱えているお肌のお悩みを解決してくれるのは皮膚科ですか?美容皮膚科ですか?判断できずにお困りの方はぜひ参考になさってください。

たしかに、これはどちらに行くべき?っと、悩んでしまことがあります。
そうですね。例えば、ニキビはどちらの病院でも治療ができるのです。どちらでもよいなんて言われると、余計に迷っちゃいますよね・・・。でも、皮膚科と美容皮膚科には大きな違いもありますからご説明しますね!

皮膚科と美容皮膚科の違い

皮膚科と美容皮膚科の違いは、大きく3つあります。

1.診療内容(治療の目的)
2.料金(保険の適否)
3.診療時間(予約の可否)

それぞれどのように違うのか順番に説明していきます。

診療内容(治療の目的)

■皮膚科

皮膚科では、皮膚疾患に対しての治療を行っています。
イメージとしては、お肌の疾患(病気)やトラブルなどに対する基礎的な治療を目的としています。
疾患の例を挙げると、以下のような症状です。

アトピー性皮膚炎、花粉症、ニキビ、蕁麻疹、皮脂欠乏症、水虫、かぶれ、やけど、虫刺され、ヘルペス、帯状疱疹、とびひ、手荒れ、巻き爪、円形脱毛症、ほくろ、いぼ 等

■美容皮膚科

美容皮膚科では、美容を目的とした治療を行っていきます。
イメージとしては、特別な疾患(病気)などではないが、より美しくなるための治療を目的としています。
施術の例を挙げると、以下の様な内容です。
※ニキビやほくろ

ケミカルピーリング、イオン導入、フォトフェイシャル、シミ取りレーザー、CO2レーザー、脱毛、ヒアルロン酸注入、ボトックス注射、ピアス、ビタミン注射、男性型脱毛症、化粧品 等

美容皮膚科だと、ピアスも受け付けてるんですね!知りませんでした。
自分で開ける人も多いですが、斜めに開いたり化膿したり大変な思いをする人も多いんです。美容皮膚科ですとそういった心配が減りますし、専用の機械で開けるのでまさに一瞬で終わります。
上記の施術は、どこの美容皮膚科でも取り扱っているのですか?
あくまで例なので取り扱っていない美容皮膚科もあります。気になるクリニックがあるなら、ホームページで確認するか、電話で問い合わせすることをおすすめします。

料金(保険の適否)

■皮膚科

皮膚科での治療は、保険が適用される保険診療です。
そのため、医療機関による料金の違いはありません。

一回の診察でかかる料金の目安:数百円~5,000円程度

■美容皮膚科

美容皮膚科での治療は、保険が適用されない自由診療です。
そのため、医療機関によって料金が違います。

診療(治療)内容を確認する際に、あわせて、料金も確認しておくと安心です。

一回の診察でかかる料金の目安:医療機関・施術内容によって異なる

美容皮膚科はすごくお金がかかるイメージがあるんです。
料金は施術内容によって、大きく異なります。例えばイオン導入は、一回3,000円~5,000円くらいですが、ほうれい線へのヒアルロン酸注入は、シワの深さなどによって、数万円~十数万円です。症状の程度によっても費用が変動するため、診察後にご自身のお財布と相談してから判断される方がほとんどです。

診療時間(予約の可否)

皮膚科

皮膚科の1人当たりの診療時間は、5~10分程度です。
1人1人の要望に応じた診療ではなく、疾患(病気)に応じた診療が行われるため、詳しいカウンセリングなどもありません。

また、予約制が導入されていることは少なく、待ち時間が長くなる傾向があります。
ただ、イボ除去やほくろ除去など、時間がかかる処置については予約が必要になることもあります。

■美容皮膚科

美容皮膚科の1人当たりの診療時間は、30~60分程度です。
目指す美しさは人それぞれですので、カウンセリングなどにも十分な時間がとられます。
そのため、予約制が導入されていることがほとんどです。

また、施術するための機械の準備やお部屋の確保などもあり、初診と施術は別日となることが多いことも特徴です。

カウンセリング料がかかる場合があります。
カウンセリングが別料金になっている病院もあるため、料金と合わせて事前に確認するようにしましょう。できれば、カウンセリングから無料で行ってくれるような良心的なクリニックを選ぶと費用の負担を抑えることができます。

以前、蕁麻疹で近所の皮膚科にかかったことがあるのですが、すごく待たされました。もう、2度と行きたくありません。
あはは。そうでしたか・・・汗。確かに、皮膚科は小さいお子様から年配の方までいらっしゃり、症状も多種多様ですからね。予約制ではない場合は、待たされることがほとんどだと思います。ただ、美容皮膚科と併設されている皮膚科だと、すべての診察に対して予約制が導入されていることも多いですよ!
そうなんですね!今度、皮膚科にかかるときには、予約制を取り入れてるところも探してみます!
反対に、忙しく時間が読めない会社員の方などは、予約制だと通いづらいケースもありますからね。生活スタイルにあわせた病院選びが大切です。

また、皮膚科と美容皮膚科が併設されている病院を選ぶメリットは予約の可否だけではありません。

皮膚科と美容皮膚科が併設されている病院に行くメリット

美容皮膚科で診察を受けたとしても、まずは皮膚科での診療(治療)が必要な場合があります。

私が勤務していた美容皮膚科では、このような事例がありました。
イオン導入の施術を受けるためにいらっしゃった方がいました。
しかし、カウンセリングをしてみると、乾燥が原因でお肌の状態が良くなく、また、お顔に傷がありまずはお肌の状態を整えることから始めなければなりませんでした。

そのため、皮膚科治療から行っていただきました(お肌の状態が良くなってからイオン導入の施術を行いました)。

このように、美容皮膚科の治療は、皮膚科の基本的な治療のうえに成り立っているとも言えます。そういったケースを考えると、皮膚科と美容皮膚科が併設されている病院では、基本的な治療から美容目的の治療までを一貫して行えるというメリットがあると言えます。
※美容皮膚科で基本的な治療を行うケースもあります。

では、美容目的でカウンセリングを受けに行くときにも、念のため健康保険証は持っていくべきなんですか?
そのとおりです!保険が適用される治療を併せて行う場合もあるので、保険証は持って行った方が良いですよ!

特に判断が難しいニキビとほくろ、もしかしたら保険が効くかも?

皮膚科と美容皮膚科のどちらに行くべき?っと、悩んでしまう代表がニキビほくろです。
なぜなら、ニキビやほくろは、疾患(病気)に対する治療でもあり、美容を目的とした治療でもあるからです。

ニキビは、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という疾患でもあり、跡を残したくないという美容でもあります。
また、ほくろは、その大きさなどによって疾患とするか美容とするか判断されるケースもあります。

ニキビ

ニキビは、基本的に保険診療で診察を受け、患者さんが希望される場合には、自由診療も取り入れた治療を行っていくケースがあります。

一般的には、縦分け(保険の適否)は以下になります。

・保険診療 ⇒ 診察代・外用薬・飲み薬・生活指導等

・自由診療 ⇒ ケミカルピーリング・イオン導入・化粧品・ビタミン剤 等

詳しいニキビ治療に関しては、以下の記事にまとめております。
ニキビでお悩みの方は、ぜひ参考になさってください!

ニキビ治療!どのくらいで皮膚科に行くべきか?

  こんにちは、美容皮膚科で看護師を経験し、現在、美容アドバイザーとして活動しているエミリです*   今回は、皮膚科でのニキビ治療についてお話していこうと思います! 「ニキビが悪化 ...

続きを見る

ほくろ

ほくろに対する縦分け(保険の適否)は様々で、その大きさなどによって異なります。
例として以下のような、縦分けがあります。
(※あくまで一例です。これに限りませんのでご注意下さい。)

・全てのほくろを一般診療で治療する

・全てのほくろを自由診療で施術する

・〇㎜以上は保険診療、それ未満は自由診療と分別される

・メスを使用する治療は保険診療、レーザー治療は自由診療と分別される

病院によって分別基準も料金も大きく異なりますので、病院選びには慎重になったほうが良いかもしれません。

ほくろに関して、私の経験談を記事にしておりますので、ぜひ参考になさってください。

ホクロ除去クリームと皮膚科除去の違い
ほくろ除去で顔の印象が若返る!! 除去クリームは失敗すると危険!?

こんにちは、エミリです* 今回は、ほくろ除去についての豆知識です。 あなたは、気になるほくろってありますか? 顔にほくろがあるのとないのでは、顔の印象がかなり変わるというのはご存知でしょうか? 皮膚科 ...

続きを見る

他にも、保険適用かどうか悩んでしまいそうな治療ってありますか?
そうですね、「首にできるイボ」や「アザのようなシミ」なども、種類によって保険適用になる場合もありますよ!
そう考えると、良心的な病院選びが重要なんですね!
病院選びといっても、なかなか見極めが難しいところですが、診察を受けたら絶対に施術を受けないといけないわけではありません。カウンセリング後に「検討します」と伝えていろんな病院に当たってみる(セカンドオピニオンを受ける)のも良いと思いますよ!

まとめ

「皮膚科に行くべきか?美容皮膚科に行くべきか?」でお悩みの方は、併設されている病院に行くのがおすすめです。
費用の負担が大きくなりそうな施術に関しては、いくつかの病院でカウンセリングのみを受けてみるのも良いでしょう。

また、思わぬところで、保険が適用される場合もあるので、併設されているクリニックに行く場合は保険証は忘れずに持っていきましょう!

もし、不明点がある場合やこんな時どうする?など、ありましたら「お問い合わせ」よりご相談いただきましたら、アドバイスさせていただきますのでお気軽にご利用ください*

最後に・・・

●記事にある商品を使用したことある方へ

あなたが記事にある商品を使用した感想や「良かった点」「イマイチな点」を、記事下のコメント欄にぜひシェアしてください!あなたの感想がみなさんの参考になります*

●あなたのお肌のお悩み

お問い合わせフォームより、お肌のお悩みについてのご相談も受け付けています*

<お悩み例>
・ニキビが全然治らないけど、自宅でできるケアは?
・アンチエイジング用の化粧品は結局どれが効く?
・お肌が荒れてしかたがないけど皮膚科行ったほうが良い?
・結局脱毛は、エステとクリニックどっちでやったほうが良い?
・極端なオイリー肌・乾燥肌などに合うスキンケアは?
etc...

お気軽にお問い合わせください。

●商品のレビュー依頼

気になる商品があれば、お問い合わせください!
エミリが実際に商品をお試ししてレビューいたします*
  • この記事を書いた人

emiri

アラフォー・混合肌・趣味は猫とゴロゴロ♪ 美容皮膚科で看護師としていろんなお肌と向き合ってきた、美容大好きエミリです* 現在は、美容アドバイザーとして活動しています。 >>詳しいプロフィール

-皮膚科・美容皮膚科, たまご肌になるための豆知識

Copyright© たまご肌 スキンケア おすすめ まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.